立川活き活き歯科|立川駅すぐ|一般歯科|矯正歯科|立川|北口|インプラント|噛み合わせ

インプラント治療とは




歯がない部分の顎の骨に、手術にてインプラント(人工歯根)を埋入し、その上に人工の歯を固定する治療法で、他の歯に負担をかけることはありません。
一般的には(1)チタンを使用したインプラントを埋入します。

有田歯科では金属を使用しないジルコニアインプラントも扱っており、金属アレルギーの方にも安心して手術を受けていただいております。
ジルコニアインプラント

骨が少なく、インプラント困難と言われた方にはバイコンインプラントをご案内しております。
バイコンインプラント


インプラントはご自分の歯のように噛めるので、違和感や食事 ・ 会話にストレスがなく、有田歯科でも一番人気の治療法です。




1.抜歯後


     

2.インプラント埋入

     

3.縫合後                  

 

4.アバットメント装着

     

5.クラウン(上部構造)装着

 


(1) チタン‥‥軽さ ・ 強度 ・ 耐食性 ・ 耐熱性の性質から、人工骨や人工関節といった整形外科でも利用されている金属で、金属アレルギーが出にくい。




アバットメントの選択

上記の“4.アバットメント装着”時にチタンアバットメントとジルコニアアバットメントで選択できます。(ただし部位による)
前歯には、ジルコニアアバットメントをおすすめしています。





チタンアバットメントの特徴

・ 軽量で強度が強く錆びにくい
・ 金属アレルギーが出にくい
・ 上部構造(人工のかぶせもの)とアバットメントを連結する際、金属部が見えて審美的に良くない場合がある


ジルコニアアバットメントの特徴

・ 強度が高い
・ 腐食に強い
・ 長期的な安定性がある
・ 軽量
・ 金属不使用のため歯肉に金属が溶け出すことがない
・ 金属不使用のため歯と歯肉の境目がキレイで天然歯のように見える
・ 金属不使用のため金属アレルギーの心配がない
・ 優れ生体親和性(拒否反応がなく、身体になじむ)
・ チタンアバットメントと比べて表面が滑らかなため細菌がつきにくい
・ チタンアバットメントより費用がかかる




インプラント治療では清掃性の面から意図的にアバットメントを露出させたり、時間の経過とともに歯肉が衰えアバットメントが露出したりすることがあります。

このような場合も、ジルコニアアバットメントなら歯と歯肉の境目が目立たず、美しさを保つことが可能です。







インプラント治療の流れ

Step.1 CT撮影


顎の骨の細かな立体構造や神経の位置などの精度高く把握するために、CT撮影を行います。
CT撮影を行うことで、インプラント手術が可能かはっきり分かります。

撮影は座位撮影のため、立位撮影よりブレの影響を抑えられ、撮影時間は数秒で痛みもありません。
撮影範囲も十分に広いため、正確な画像診断が可能です。


※ CT撮影による被ばくについて

当院のCTは、従来と比べて約24分の1のX線量で撮影でき、最新の機器を使用しております。
X線量を抑えることで被ばくを減らし、体に優しいCT検査ができるようになりました。



  




Step.2 診断 ・ 治療計画


診断後はソフトを用いて分かりやすく全体的なインプラントの治療計画をご説明しますので、十分にご納得いただいた上で治療を進めていくことが可能です。

当院はこの最新医療機器を導入し、より安全で確実な治療に役立てております。







Step.3 手術


診断した結果を元に手術を行います。
ソフト上で診断した位置にインプラントを精度高く埋入できるようなサポートする手術支援器具『 サージカルガイド 』を用いて、安心 ・ 安全な手術を実現します。
サージカルガイドを使用すると、インプラント埋入位置が正確に分かるため、より安全なのです。



 




Step.1〜3によって、リスクを軽減した上で最適な位置にインプラントを埋入でき、天然歯の代わりや義歯の土台として、インプラントが持つ機能を最大限引き出すことが可能になりました。


また、インプラント体の埋入手術後、数か月放置し、インプラント体と骨がしっかりくっついてから上部構造(見える歯の部分)を装着します。





インプラント(人工歯根)の利点・欠点

インプラント(人工歯根)の利点

1.自分の歯とほぼ同じ噛み心地でしっかり噛め、食事もストレスなく食べられる。
2.取り外し式の入れ歯のような違和感がない。
3.発声や発音の妨げにならない。
4.周りの自分の歯を保護することが出来る。(他の歯を削ったりしないため)
5.見た目がきれいである。


インプラントの一番の利点は、ご自分の歯と同じような感覚で生活できることです。
欠損部分の治療法はいくつかありますが、一番天然の歯に近い噛み心地はインプラントです。

噛み合わせの力も弱くなることはなく、お食事や会話にストレスを感じにくく、半永久的に使用できるため、有田歯科では一番おすすめしている治療法です。



インプラント(人工歯根)の欠点

1.高額(保険適用外)
2.インプラント治療が完了するまで治療期間が長い


前歯1本でも数十万円くらいの治療費がかかってしまいますので、歯のインプラント治療を妨げる最大の要因はこの高額な治療費といえます。

インプラントの治療に関しては、下顎で約3ヶ月程度、上顎では4〜6ヶ月程度治療にかかるといわれています。


これは個人差によって前後しますし、さらに高齢の方や歯周病などを患っている方の場合、状況次第ではインプラントの上部構造作成間などが必要になる場合がありますので、トータルの治療期間は非常に長くなる場合があります。


治療期間が長くなる分、患者様の負担も増えますので注意が必要です。










 

インプラントの疑問

Q.インプラントはどんな人に適していますか?

A.顎の骨が完成する20歳前後から、健康な方なら基本的にはどなたでも可能です。
ただし、心臓病や糖尿病などの持病の方、妊娠中の方、全身疾患のある方、顎の骨の状態が良くない方などは制限される場合があります。

当院では喫煙者の方のインプラント手術は行っておりません。(喫煙は大きく関係するため)
お気軽にご相談ください。



Q.手術時に痛みはありますか?

A.手術は局部麻酔をして行いますので、痛みに関してあまり心配はありません。


Q.手術の際に入院が必要ですか?

A.手術は局所麻酔で行うもので入院の必要はほとんどありません。通院で治療が可能です。


Q.手術時間 ・ 治療期間はどのくらいですか?

A.インプラントを埋入する部位や本数によって異なりますが、治療時間は約60分〜120分。
期間は、3 〜 6ヶ月程度です。
詳しくは当院までご相談ください。



Q.治療終了後、気をつけることはありますか?

A.口の中の衛生状態を良好に保ってください。
定期検診を受け、医師の指導に従っていただくことも大切です。



Q.インプラントの寿命はどのくらいですか?

A.患者さんの口の中の衛生状態に大きく関係していきます。
衛生状態が良ければいくらでも長持ちしますし、手入れが悪くおろそかにすると、寿命が短くなる場合もあります。
常に衛生状態を良好に保ち、定期検診を受け、医師の指導に従っていただくことが大切です。



Q.費用はどのくらいかかるのでしょうか?

A.現在は保険治療の適用になっていません。
入れるインプラントの材質や本数などによっても異なりますので、詳しくは当院までお尋ねください。

                               
                           



滅菌について

当院では、インプラント手術を行う際、使用する器具すべてを滅菌、消毒し無菌状態に近づけています。
こうすることで、手術中の感染を防ぎ、より安全な手術が行えるのです。

写真はどれだけ有機物の汚れが残っているかという最終確認を行っているところです。


ルミテスターPD(測定器)の数値が0〜200なら、無菌状態に近いということです。

写真時の数値はすべて100以下となりました。
当院は、患者さまに安心して治療を受けていただけるよう心掛けています。





     





トップへ戻る