立川活き活き歯科|立川駅すぐ|一般歯科|矯正歯科|立川|北口|インプラント|噛み合わせ

噛み合わせ

歯の喪失による移動






歯が一本でも抜け放置すると、周りの歯が抜けた歯の部分に傾斜し、寄ってきます。




歯の喪失による障害

(a) 失われた歯の方向に傾斜していく

(b) 失われた歯に向かい合った歯が伸びてくる

(c) 正しい噛み合わせが失われる

(d) 歯の間に隙間ができ、食物がつまる

(e) 歯が汚れやすく、虫歯になりやすい

(f) 汚れやすい場所が増えて、プラークや歯石が付着する

(g) 歯肉がふくれ、出血しやすい

(h) 歯肉にポケットができ、膿が出る



一本歯がないだけで、こんなにも障害が出てきてしまうのです。


このような方には、インプラントブリッジ部分入れ歯の処置が行われ、周囲の歯の傾斜を防ぎ、正しい噛み合わせに戻します。


歯は、一度寄ってきてしまうと元に戻らず、元に戻す場合は矯正治療が必要になってきます。
もちろん何も処置しないでいると、今までの噛み合わせと大きく異なってきて噛み合わせが悪くなります。



一本の歯だけに向かいの歯が当たり負担がかかると、歯はしだいに痛み始め、口の中全体の問題を引き起こします。






噛み合わせと全身疾患

噛み合わせが悪いと、体にも影響が出るのはご存じですか?


噛み合わせが原因で、肩こり頭痛全身の歪みといった症状が出てくることがあります。

多くは、口の中に入る詰め物の種類や、歯の一本一本の歯軸、また歯の当たり方噛み合わせのパターンに関係します。

当院では、噛み合わせと身体の歪みや不調の関係に重点をおき、患者様に合った噛み合わせに調整する治療を行っています。


是非こちらをご覧ください。
体に不調がある方必見!!  ⇒ バイオレゾナンスメソッドとは


噛み合わせが気になる方、マッサージなど受けても身体の不調が改善されない方は、お気軽にご相談下さい。








トップへ戻る